マンガイア島の秘密


マンガイア島の秘密
 
マンガイア島は南太平洋ポリネシア・クック諸島の一番南に位置する大昔4,750mの海底より火山によって隆起した島です。
60mの高さに及ぶ古代サンゴの化石の壁が島を取り囲んでいます。
この島の土壌は、海底のさまざまなミネラル成分を含み、さらに石灰岩も多いことからノニの生育には最適であると言われ、理想的な地質条件を備えています。

また、古い地質だけが重要なのではなく、気候条件としてノニの生育にもっとも適しているといわれています。

それは、この島は熱帯地方にありながらも唯一霜が降りるという特殊な気候 、降水量が少ないという気候、島全体が平らで水はけがいいなどの理由で、この島で採れる種々のノニフルーツは糖度が高く、豊かな味わいをもったものが収穫できます。

このような希有な環境のなかで育った「ノニ」は一部の愛好家から「幻のノニ」と呼ばれるようになりました。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。